ガン保険とは

未分類

生命保険の中でよく見かけるようになってきたのが、ガンを発症した時に保障を受けられるガン保険です。
日本人の主な死亡原因は、ガン、心疾患、脳血管疾患の順となっています。
およそ3人に1人はガンで亡くなっているとされ、今は肺ガンによって死亡する方が増えています。
ガンは喫煙などで発症リスクが高まるといわれますが、ガンになりやすい家系もあることからも、ガンに罹った家族がいる方はガン保険への加入を考えたほうが良いかもしれません。
保障内容はガンに特化しており、ガン治療のために入院したり、手術を受けると給付金がもらえます。
保険によっては、ガン診断給付金やガン通院給付金などもあります。
ガンのみを対象にすることからも、生命保険の医療保険よりも保険料が割安になるのが特徴です。
また、普通の医療保険では、入院1回あたりの保険金の給付は予め決めてある日数分だけ支払われるのですが、ガン保険では給付日数に制限はありません。
ガンの治療は病気の進行度で違いますが、通常は長い時間がかかり(治癒するまでの期間はガンの種類や進行度で異なります)、治療費も高額になるようです。
入院給付金の支払いに制限がないため、入院が長引いても安心できます。
なお、保障開始日から90日間は保険の対象から外され、ガンになってもがん保険の保障を受けられません。
治療中の方は加入できない場合があるなど、通常の生命保険とは異なる注意点もあるので、保障内容や加入条件をしっかりと確認しましょう。

胃ガン末期闘病記ブログ